思春期のレズ経験

少女たちの百合遊び。

悪ノリでクリトリス擦り合い

 私は女なのだけど、女に抱かれたことがある。抱いたことがある、とも言える。なにしろ、お互いのクリトリスを擦り合ったのだから。
 一度きりのことでしかなく、レズに目覚めたというわけではない。ただその場の勢いに流されてしまっただけだ。とはいえ、何年経っても忘れることのできない出来事ではあった。
 高校2年時、友達の家に泊まった日のことだった。
 親友の洋子とは、お互いの家に何度も泊まったりするくらいに仲が良かった。
 別にレズな関係というわけではなく、どこにでもいる親友同士だと思っていたけれど、洋子の方は密かに私の身体を狙っていたようだった。まあ、何が何でも手に入れたいとか思っていたんじゃなくて、もしも機会があれば試してみたい、とかその程度の欲望だったらしいが。
 洋子の家に泊まる時は、当然ながら、ひとりずつお風呂に入っていたのだけど、その日だけ、話の流れで一緒に入ることになった。正直言ってかなり抵抗があった。なるべくならひとりで入りたいと主張したような覚えがある。しかし洋子は軽く流し、私をお風呂場に引っ張っていった。本気で拒否すれば、おそらく洋子も諦めていただろうが、結局私は断り切れずに流されてしまった。
 湯船に浸かる前に、まずシャワーを浴びた。普通のお風呂場だったので、ふたり一緒だと少し狭かった。自然と身体を寄せ合うことになる。
 私たちは、密着しながらシャワーを浴びた。途中から、洋子が石鹸を泡立てて私の身体に塗ってきた。私は笑いながら、洋子に石鹸の泡を塗り返した。この時はただの冗談のつもりで、じゃれ合いに過ぎないと思っていたけれど、後から聞いた話によれば、洋子の方はすでに興奮していて、あそこをちょっと濡らしていたらしい。
 とりあえずは、ここでそれ以上のことをしたりはせず、適当なところでシャワーを切り上げると、私たちは湯船に浸かり、身体をしっかりと温めてから部屋に戻った。
 パジャマを着て、お喋りに興じているうちに、午前0時を回ったので、寝ることになった。電気を消して、洋子のベッドにふたりで寝る。これ自体は今までもそうだった。
 普通は、いくら泊まりに来ているとはいえ、別々の布団で寝るところだろう。でも私は、洋子と同じ布団で寝ることに抵抗はなかったし、どころか、彼女の体温を感じながら寝ることに、心地良さを感じてさえいた。それを考えると、洋子だけでなく、私にも元々レズの素質があったのかもしれない。
 しかしまあ、洋子が身体をまぐってきた時は、さすがに戸惑いを覚えた。
 私は目を開けて彼女の顔を見た。洋子も私を見ていたので、間近で顔を向かい合わせることになった。
 洋子は、いたずらっ子のように笑みを浮かべていた。暗闇の中に見えた彼女の顔は、なぜか今でもはっきりと思い出せる。
 レズの真似をしてからかっているのかと思った私は、面白がって彼女にやり返した。私も洋子の身体をまさぐったのである。洋子は私の胸をパジャマの上から触っていたので、私は洋子のパジャマに手を差し入れて、お腹の辺りを撫でさすってやった。私の方がエッチなことをしちゃってるから私の勝ちだね、というわけだ。
 すると洋子は、私の股間を触ってきた。私が驚いているうちに、今度はパジャマの中に手を入れて、パンツに触れてきた。
 そこで初めて私は「ちょ、ちょっと……」と言って、拒絶の意志を示したが、控え目に過ぎたためか、洋子は止まらず、パンツ越しに陰唇を擦ってきた。
「あぅっ」
 当時の私は処女で、他人にそこを触られた経験なんてなく、そのせいで、少しの刺激でも感じてしまい、声を漏らしてしまった。
 そんな私を見て、洋子は微笑んだ。彼女の手が、パンツの中にまで忍び込んでくる。
 私はもう、どうすればいいのか分からなかった。ただただ動揺するばかりで、彼女の手を退けることも考えられなかった。
 洋子の指が、陰毛を掻き分けて、クリトリスに触れると、私は全身をびくりと震わせた。刺激が強すぎたのだ。もっと端的に言うと、気持ち良すぎて反応せざるを得なかった、ということになる。
 さらにクリトリスをこねくり回されると、私は腰をもじつかせながら、淫らに喘いでしまった。
 洋子は「あたしのも触って」と言って、私の手を取り、自分のパジャマの中に突っ込んだ。
 快感でボーッとしていた私は、導かれるままに洋子のパンツの中に手を入れた。じゃりじゃりとした陰毛の感触に、少し怯む。自分がエッチなことをしようとしているんだ、と実感してしまった。
 しかし洋子に「もっと下」と言われて、私は軽く頷き、手を進めた。小陰唇に触れ、湿り気を指先に感じた。
 洋子の指も負けじと私の膣口を弄っていた。洋子の指がぬるぬるしていることから、私は、自分も濡らしていることに初めて気付いた。相当に気持ち良くなっているのだから、ある程度は濡れていて当然なのだけれど、その事実を突き付けられると、恥ずかしいものがあった。
 私は、指を少しだけ戻して、クリトリスに触れた。その途端、洋子は、私と同じように、全身を震えさせた。
 洋子の陰核は、触れる前から硬くなっていた。
 私はそれを優しく撫でてあげた。
 洋子の息が乱れていく。反応してくれるのが嬉しくて、私はクリトリス弄りに夢中になった。
 洋子も私のクリトリスを擦り上げてくる。彼女の指の動きは激しかった。
 私はそれに合わせて、だんだん指の動きを激しくしていった。
 向かい合ったままクリトリスを擦り合っているものだから、お互いの息が顔に当たった。洋子が熱い息を吐くたびに、私の前髪が揺れる。洋子の前髪も、私の吐息で揺れる。
 目が合った私たちは、同時に顔を寄せ、口付けをした。私にとっては初めてのキスだった。洋子も初めてだった、らしい。
 舌を擦り付けるだけの幼稚なキスを続けながらも、クリトリスを弄る指は止まらない。
 最初にイッたのは、洋子だった。あからさまにびくびくと震えたので、すぐに分かった。
 どちらかと言うと、私の方が消極的に指を動かしていたが、彼女の興奮は、それを補って余りあるものだったようだ。

女子校の寮でアナルレズ

 あたしは中高一貫の女子校に通っていました。全寮制です。中学二年生の時、寮で同室だった先輩と、毎日のようにレズ行為をしてました。
 と言っても、あたしは別に生粋のレズビアンというわけではありません。普通に男に興味がありましたし、特別に女が好きだったというわけでもありませんでした。大学生になった現在は彼氏が居ますし、セックスライフもエンジョイしています。
 ただ当時は、女子校通いで、しかも寮住まいでしたので、中にはレズカップルなんかも結構出来てたりして、少なからずそういうことを意識してしまっていたのは確かです。
 あたしはあくまでもノーマルでしたが、しかしまあ、憧れの先輩とかは居ました。で、運が良いと言うか何と言うか、中等部二年の時に、その憧れの先輩と同室になりました。高等部二年の明日菜先輩と言うのですが、この人が真性のレズビアンで、あたしはおいしく食べられてしまったというわけです。
 ま、あたしの方も、満更ではありませんでしたが。
 明日菜先輩は、とても綺麗で、学校でも寮でもみんなの注目の的でした。たとえ自分がレズじゃなくても、この人に抱かれるのなら良いかな、と大抵の生徒なら思ったはずです。
 明日菜先輩は道理を弁えた人です。あたしがレズビアンではないことを知っていたので、決して処女には手を出してきませんでした。
 あたしの方は、別に処女を捧げても構わないと思っていました。そこまで貞操観念は強くなかったのです。そうでもなければ、明日菜先輩に身体を許したりもしていないわけですし。
 ベッドでクリトリスを弄くられていると、あたしはすぐに感じてしまい、その場のノリで「先輩、あたしの処女をもらってください……」なんて言ったりしましたが、明日菜先輩は「本当に好きな人が出来た時のために取っておきなさい」と言ってあたしをたしなめてくれました。
 その時は物足りなさを感じたりしましたが、今では感謝しています。明日菜先輩のおかげで、大学で出会った彼に処女をあげることができたわけですから。
 けど、まあ、明日菜先輩が実際にどう考えていたかは分かりません。あたしの将来を想っていてくれたのは確かでしょうが、それだけの理由で処女に手を出さなかったかと言うと、少し違うような気もします。
 なぜなら、明日菜先輩は、真性のレズビアンであると共に、筋金入りのアナルマニアでもあったからです。あたしとのレズ行為も、アナル責めが中心でした。
 なので、明日菜先輩があたしの処女に手を出さなかったのは、それを口実にしてあたしにアナル責めを承諾させるためでもあったかもしれません。
 いいですけどね、別に。
 最初は戸惑いがありましたが、何日か明日菜先輩の指で責められていたら、もう気持ち良くなってしまいましたし。
 痛みに至っては、最初から全くありませんでした。きっと、たっぷりと塗られたローションが効いていたのでしょう。
 お尻の穴に指を出し入れされながら、クリトリスを刺激されるのが、あたしのお気に入りでした。それをされていると、すぐに愛液でアソコを濡らしてしまったものです。
 中学二年生になったその日には、明日菜先輩とクリトリスを舐め合う仲になり、次の日にはアナル責めを開始されたわけですが、さらに一週間後には、もうアナルパールが使われるようになりました。
 さすがに道具を肛門に埋め込まれるとなると、緊張しました。指よりもずっと太かったし、なにより、無機物というのがなんだか恐かったのです。
 まあ、アナルパールを入れられる前に、いつものようにローションをまぶし、指でしっかりとほぐしてもらっていたので、何も心配する必要はなかったのですけれど。
 アナルパールは、玉が6つ連なっているのですが、それが結構大きくて、ひとつひとつが肛門を通過するたびに感触が伝わってきました。入るにしろ出るにしろ、お尻の穴が玉に押し広げられるのが分かるんです。でも玉なんてすぐに窄まりを抜けてしまいますから、お尻の穴もすぐに収縮します。そしてまた次の玉に押されて広がるのです。
 基本的にアナルパールの出し入れはゆっくりと行われましたが、一度通過するだけで6玉分の開閉を繰り返すことになるので、肛門は大忙しでした。
 あたしとしては、抜き出される時が特に気持ち良かったです。まあ、その境地に達するまでには、一ヶ月近く掛かりましたが。
 なにしろ、ウンチをしている時とほぼ同じような感覚がするだけですから、最初は、本当に粗相というかお漏らしをしているのではないか、と心配でたまりませんでした。
 それに、排便と同じ感覚を気持ち良いと思うには、固定観念を捨て去る努力が必要でした。今は排泄物を捻り出しているわけではない、と分かっていても、どうしても抵抗感が拭えないのです。これはもう、慣れしかありません。
 一度慣れてしまえば、なんてことはありません。直腸粘膜を擦られる快感は、何にも代え難いものになります。
 クリトリスを刺激された時の快感が「きゅんっ」という感じだとすると、アナル責めの快感は「じんわり」という感じです。
 指にしろアナルパールにしろ、お尻の穴だけで絶頂を迎えることはついにありませんでしたが、そこを弄られているだけでアソコを濡らしてしまうくらいには開発されました。
 ひょっとしたら、明日菜先輩は、それ以上のアナル快楽をあたしに与えないようにしていたのかもしれません。例の「いつかあたしに好きな人が出来た時のために」というやつです。
 大学生のあたしが彼とのノーマルセックスで満足できているのは、明日菜先輩の思い遣りのおかげなのかもしれません。
 たまにアナルオナニーに耽ることはありますが、それだって、本当に気紛れでするだけです。
 とはいえ、明日菜先輩が卒業するまでの二年間は、アナルプレイ以外にも変態的な行為に及んだりしていました。
 たとえば、授業の合間に落ち合って、アナルビーズを入れてもらったり。露出プレイと言うやつですね。結局はアナルプレイでもあるんですけれど。
 まあ、露出プレイに興味がなかったわけではありませんでしたが、今から思い返すと、それが目的というより、「学校で変態行為をしているんだ」っていうスリルを味わいたいだけだったように思えます。
 明日菜先輩が野外アナルプレイをどう感じていたかは知りませんが。

先輩に潮を吹かされる

 名門の私立中学に入ることができて、私は期待で胸がいっぱいでした。新しい学校生活に対する不安もあるにはありましたが、それよりも期待の方がずっと強かったのです。きっと素晴らしい日々が待っているに違いない、と思っていました。
 その中学校は全寮制だったので、入学式の前日に入寮しました。相部屋です。パートナーが誰になるかで、寮生活は大きく違ったものになるでしょう。部屋に入る直前は緊張しました。
 私を迎えたのは、小さな女の子でした。パートナーは三年生の先輩だと聞いていたので、私は、部屋を間違えたのかと思いました。私自身も相当に幼い外見をしているのですが、その私よりもひとつかふたつは年下に見えます。しかし、彼女こそが私と同室の先輩だったのです。
「なに? 何か言いたいことでもあるの?」
 小学生みたいな姿をしていながらも、先輩はとても高圧的でした。
 まあ、気持ちは分かります。私だって、いつも初対面の人には実際より年下に見られてきました。だから、侮られたような気持ちになり、それが不満に繋がるのは、理解できます。
 たぶん、今だって、私と先輩の居るこの部屋は、心無い人によって、「小学生ルーム」とかなんとか言われているに違いないのです。
 この部屋割りも、「子供っぽい寮生同士でくっ付けてしまえ」という悪意でもあったのではないか、と疑いたくなります。まあ、さすがにそれは考えすぎだとは思いますが。
 最初は刺々しい態度の先輩でしたが、打ち解けていくと、そうした嫌らしさはだんだん消えていきました。きっと、幼い外見のせいで新入生に舐められないよう、わざときつく当たってきたのでしょう。
 先輩の警戒心が早い段階で薄れていったのは、私も子供っぽい顔と身体をしているからなのかもしれません。
 食堂で夕飯を済ませて、再び部屋でふたりきりになる頃には、私の方もほとんど緊張しなくなっていました。
 お風呂に入る前、先輩はおもむろに言いました。
「あんたさ、オナニーはしたことある?」
「オナニー?」
 意味が分からなかったので、私は首を傾げました。
 それを見た先輩は、にんまりと笑みを浮かべます。
「あたしが教えてあげる」
 まるで、絶好の獲物を見付けた狩人のようでした。
 そこからはもう、何がなんだか分かりませんでした。
 先輩に後ろから抱き付かれて戸惑っているうちに、スカートの中に手を入れられ、パンツを下ろされてしまい、さらには上着のボタンを外されました。
 気付いたら私は胸と股間を露出していたのです。
「ほら、ここをこうやって触るの。これがオナニー。分かった?」
「や、やめてくださいよぉ……」
 恥ずかしくてたまりませんでしたが、頭が真っ白になっているせいで、先輩にアソコを触られても、ろくな抵抗ができませんでした。
「気持ち良いでしょ? もう中学生なんだから、エッチなことも覚えないとね」
「恥ずかしい、です」
「みんなやってることだから、恥ずかしがることなんかないの。もっと気持ち良くなりなさい。先輩命令」
「そんな……」
 先輩の指は、股間の突起を重点的に刺激してきました。くすぐるように軽く擦っていたかと思えば、ぐにぐにと揉み込んできたり、爪先で優しく引っ掻いてきたり。
「ん、んん」
 私は何回も呻いてしまいました。
 何か新しいことをされるたびに、じんわりとした甘い感覚が込み上げてくるのです。
「クリトリスが硬くなってきたね。自分でも分かるんじゃない?」
「え……なん、ですか……?」
「あたしが今触ってるお豆ちゃん。ここが一番気持ち良いでしょう」
「…………」
「ちゃんと答えて」
「気持ち良くなんて、ないです」
「確かめてあげようか?」
 先輩の指が突起を離れて、下がっていきました。オシッコの穴を通過して、さらに下。膣の辺りに指が来て、私は身体を強張らせました。
「心配しなくても、入れる気はないって」
 先輩は小さく笑い、私のアソコを撫で回します。
「ほら、やっぱり濡れてる。女の子が感じると濡れるってことは知ってるよね?」
「それは……」
 男の人を受け入れる準備だとか何とか、保健の授業で習った気がします。
「愛液をお豆ちゃんにぬりぬりしてあげる」
「あっ、嫌……」
 ぬめりの加わった刺激は、今まで以上に私を翻弄しました。
 私は、呼吸が荒くなっているのを自覚して、なんとかそれを抑えようとしたのですが、うまくいきませんでした。むしろ、そのせいで、余計に息が乱れてしまいました。
「声、出してもいいよ」
 先輩はそう言うと、クリトリスをキュッと摘み上げました。
「はぁうっ」
 私はたまらずエッチな声を出しました。
 すると先輩は、「可愛い」と呟いてから、また指先で優しくクリトリスを弄び始めました。
 先輩の為すがままって感じです。何もかもが先輩の思い通りになっています。
 なんだか恐くなってきたので、私は、泣きそうな声でお願いしました。
「もうやめてください……」
 その言葉は自分でも違和感を覚えました。まるで、甘えているだけであるかのようだったのです。
 実際のところ、本当にやめて欲しいと思っていたかどうか、私自身のことでありながら、よく分かりません。初めての快感に頭がボーッとしていたのだけは確かです。
 だんだんオシッコを漏らしてしまいそうな気がしてきたのですが、それでも本気の抵抗はできませんでした。このまま漏らしてしまってもいいかな、なんて思っていました。通常の精神状態なら、まずそんな思考には陥らないでしょう。クリトリスの気持ち良さに押し流されて、他はすべてどうでもいいことのように思えてしまったのです。
 クリトリスを擦る先輩の指が、再び激しく動き出すと、それ以上 耐えることはできませんでした。私は、小さく震えながら、初めての絶頂を迎えました。
 オシッコをする時と似たような感覚でありながら、快感はそれよりも遙かに大きくて、私は戸惑うばかりでした。こんなにも気持ちの良いことがあるなんて、と困惑している間に、絶頂は終わってしまいました。
 股間を見ると、オシッコを漏らしていたわけではないことが分かりましたが、ずいぶんとエッチな液体を撒き散らしてしまったようで、先輩の手も布団もべっとりと濡れていました。
 私の潮吹きは、他の子と比べても激しいらしいです。たまに先輩からそのことで揶揄され、私はそのたびに顔を真っ赤してしまいます。
 それから先輩が卒業するまで、毎日のようにレズ行為に耽りました。

inserted by FC2 system