ビンタ体験談

学校の理不尽なビンタ教育。

女子中学生の行進訓練

 世間は体罰禁止の方向に流れていますが、しかし地方によってはまだまだ教師による暴力が横行していたりします。
 私の通っている中学校では未だに先生が王様です。何をしても誰も文句を言わないし、それが当然って感じの空気です。
 優しい先生や面白い先生も結構 居ますが、なぜか体育祭の練習になると、ほとんどの教師は鬼と化します。どこからかプレッシャーが掛かっているのかもしれません。体育祭本番で生徒の統率が取れていないことが露呈したら色々と不都合があることだけは間違いないと思います。
 体育祭の日が近付いてくると、授業の半分くらいはその練習になるのですが、この時期はホント憂鬱でした。
 とにかく同じ動作を繰り返しやらされます。「気を付け」と「直れ」とか。「起立」と「休め」とか。
 あと、延々と行進させられたりします。これが一番の苦痛でした。
 行進訓練が始まると、全校の教師が生徒の近くをうろうろしながら監視をします。ちょっとでも動きが揃っていない子を見付けてはビンタビンタです。
 行進自体は単純な動きでしかありませんが、手足を規則正しくリズミカルに、かつ正確に動かし続けるのは、なかなか簡単なことではありません。ビンタを食らわない子なんてひとりとして居ませんでした。
 それでも、日が経つごとに個人差は出てきます。覚えの早い子は、3日もすればほとんどビンタされることがなくなります。その分、まだ慣れていない子に攻撃が集中して、頬を赤く腫れ上がらせている子と、白く綺麗な頬のままの子と、両極端になっていきます。
 とはいえ、覚えの早い子でも、たまにはビンタを避けられないことがあります。たとえば、連帯責任の時とかです。いつまでも動きが揃わないことにイライラした教師が、全員の責任とかなんとか適当なことを言って、ひとクラスまるごと次々に平手打ちしたりするのです。
 そんな風にして散々しごき抜かれて体育祭本番を迎えるわけですが、全校生徒の一糸乱れぬ動きを見て、学校関係者も保護者たちも満足そうにしていました。
 いったい誰のための体育祭なのか、そのことについて私たち生徒は疑問を持ってはいけないのです。

未成熟なオッパイ

 俺はスポーツ用品店を経営している。親父の代から、地区の学校ほとんどすべてと包括契約をしているおかげで、売り上げは良好。店番はバイト君に任せることが多く、わりと暇を持て余している。そんなわけで、平日の夕方と土曜日は、近所の小学校の女子バスケ部で監督をやっている。報酬なんてあってないようなもので、まあ、ただの暇潰しだ。とはいえ、大学時代はそこそこ優秀なポイントゲッターだった俺は、中途半端で済ませることを良しとせず、結構 指導に嵌まってしまい、熱血監督みたいな感じになっている。あるいは鬼監督か。
 練習中は怒声ばかりで、体罰は当たり前。それが俺の指導方針である。熱心だからこそこうなるわけだが、しかし、無抵抗の少女をビンタすることに快感を覚えないかと言うと、さすがにそれは嘘になる。「本気の本気で100%指導のために体罰をしている」だなんて公言する奴が居たら、そいつは信用しない方が良い。嘘吐きを信用してはいけない。一方的に暴力を振るうのも悪くはないが、羞恥罰を与えるのも良いものだ。
 ただ、パワハラと違って、セクハラに対する世間の目は厳しい。実際にはどちらもただの人権侵害であり、立場を利用して欲望を満たしているだけで、何も違いはないというのに、セクシャルな問題にだけは過敏になる人間が多いのだ。馬鹿げた話だが、指導者としてこれは常に念頭に置いておかなければならない。適当な理由でビンタしたってあまり問題にならないからといって、同じノリで羞恥罰を科していては、身の破滅を招くことになる。まあ、口実があれば済むことだが。たとえば試合に負けるとか。
 重要な大会で早々に敗退して小学校の体育館に戻ってきた時、俺は極めて不機嫌そうな態度を取る。実際にムカついているのは事実だが、もっと大袈裟に苛立って見せるのである。女子小学生たちは直立不動で震え上がる。そこで俺は言う。「一丁前にユニホーム着てんじゃねえ! 全員脱げ!」すると女子小学生たちは慌てて脱ぎ出す。戸惑っていればビンタされるのだから必死だ。体育館の中のことで、関係者以外は居ないとはいえ、思春期の女子には恥ずかしくてたまらないことだろう。
 俺はさらに喚き散らして、スポーツブラも外させる。女子小学生をパンツ一枚だけにして練習させるのだ。膨らみ始めたばかりの胸を揺らしながらボールを追いかける少女たちを見ていると、勃起は避けられないのだが、あらかじめサポーターでガチガチに固めておけば問題ない。
 たまに適当な理由を付けてひとりずつ目の前に呼び出し、ビンタしてやる。そうすると、汗にまみれた丸出しのおっぱいが揺れる。もちろん、まだ成長途上の身体なので、揺れ方は控え目だが、俺はその瞬間がたまらなく好きだ。ケツを突き出させて思いっ切り蹴り飛ばしてやるのも快感だが、揺れる胸を鑑賞する至福には負けるだろう。

パンツ姿で体育の授業を受ける

 女子校だと男子の目がないから女子は羞恥心がなくなる、とは良く言いますが、それは教師も同じことです。男子の目がないから、生徒に与える罰は遠慮のないものになります。
 体操着を忘れると、往復ビンタを受けた上、下着姿で体育の授業を受けなければなりません。
 女子しか居ないとはいえ、周りがみんなジャージを着込んでいるというのに、ひとりだけブラとパンツだけというのは、さすがに限度を越えた恥辱だと思います。しかし女教師は容赦ありません。
 脱げないでいる生徒には罵声を浴びせ、決して許すことがありません。
 これ以上の罰はそうないので、一時期、気に入らない子の体操着を隠すという嫌がらせが頻発しました。
 仕掛けるのは主にギャル系の生徒でした。標的は勉強のできる子が多かったです。
 校内テストでいつも学年1位を取っている子なんて、3回も隠されていました。泣きそうになりながらビンタされ、下着姿で体育を受け、教室に帰ると、自分の机の上に体操着が置かれているのです。体育の授業中は泣かないよう必死に我慢していたその子でしたが、これ見よがしに戻されていた体操着を見た途端、嗚咽を漏らしていました。たぶん、私が同じ目に遭ってもやはり悔しくて泣いていたでしょう。
 証拠は一切ありませんが、誰がやったのかは大体みんな分かっていました。本人も開き直っているようで、隠された子を煽ったりもしていました。
 そんな彼女も卒業間近に逆襲を受けることになります。体操着を隠され、下着姿で体育を受けることになったのです。ギャル系の彼女らしく、下着も派手でしたが、しかし羞恥心は人並みのようで、ひとりだけ下着姿でいることを普通に恥ずかしがっていました。それに、ビンタされたら普通に涙目になってました。
 その日の授業がすべて終わった後、彼女はクラス全員を教室に残らせ、犯人捜しを始めました。しかし証拠なんてありはしないので、ひたすら尋問するだけです。過去に隠されたことのある子が疑われていましたが、しかしギャル系の彼女は、他にも様々な方法で色んな人に嫌がらせをしていたので、疑いだしたら切りがありませんでした。結局、誰がやったのかは分からず仕舞いでした。

inserted by FC2 system